today_rainy's blog

ガジェットやらプログラムやらを地道に弄くる。

Raspberry Pi 2でWEBカメラとmjpg-streamerを使って動画ストリーミング

www.amazon.co.jp
あまり使っている人がいなかったけど、まぁ大丈夫だろう、ということで、
300万画素のWEBカメラが届きました。

さっそくraspberryPIに接続していきましょう。

$ lsusb  # USBカメラが認識されているか確認
Bus 001 Device 004: ID 056e:700e Elecom Co., Ltd

$ sudo aptitude install libv4l-dev libjpeg8-dev subversion imagemagick  # subversionやら諸々インストール
$ svn co https://svn.code.sf.net/p/mjpg-streamer/code/mjpg-streamer mjpg-streamer # subversionでソース入手
$ cd mjpg-streamer 
$ make USE_LIBV4L2=true clean all # ひとまずmakeして、インストールせず

# 直接起動させる
$ ./mjpg_streamer -i "./input_uvc.so -d /dev/video0 -r 640x480 -f 60 -y -n" -o "./output_http.so -p 8081 -w ./www -c mpeg:hogevar"

(最後の起動オプションは参考ページに素晴らしい表があるのでそちらを参照)

あとはraspberryPIのIPアドレス、先ほどのポートで、WEBブラウザからアクセスすればオッケーイ。


つまづいたのは、WEBカメラがMJPEGをサポートされていない場合は -yオプションをつけるという点。
それがないために、当初、サンプルページでも肝心のカメラ画像のみ表示されなかった。

電力不足に注意!という参考ページが多かったが、現状何も問題なし。
そうなった場合は、「Unable to requeue buffer: No such device i: Error grabbing frames」と出るらしい。


今回の参考にさせていただいたページはこちらー。感謝ー。
Devel/電子工作/RaspberryPi/ウェブカメラでストリーミング - cubic9.com


あとは、WEB公開するために、ポートフォワーディングやらが必要ですな。
あと、piユーザを消すとあるけど、、、結構面倒なので悩みどころ。


次は録画をやって、さらに、動体検知 motionで遊ぼうかな。