today_rainy's blog

ガジェットやらプログラムやらを地道に弄くる。

Raspberry Pi のRAMディスク化(SDカード延命治療)

基本24時間稼働を狙っているraspberryPIさん。
そのときネックになるのが、SDカード。
連続稼働の多量の書き込みには向いていないので、数ヶ月で突然お亡くなりになる模様。

極力SDカードへの読み書きを減らしましょう。




dphys-swapfileの自動起動設定をoff。
(SDカード上にswapファイルを作成しないように)

$ sudo chkconfig dphys-swapfile off
$ sudo chkconfig dphys-swapfile --list
dphys-swapfile            0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off

次に吐き出すログの量を削減します。
/etc/rsyslog.confで不要な項目をコメントアウトしますが、、、・・・①
よくわからんので適当に。。。そもそもLOGの見方がわからん。


最後にログやtmpディレクトリをRAM化。SDカードに書き込みにいかにようにします。

$ sudo vim /etc/fstab
# tmpファイルはRAMディスク上に保管する(追記)
tmpfs /tmp     tmpfs defaults,size=32m,noatime,mode=1777  0       0
tmpfs /var/tmp tmpfs defaults,size=16m,noatime,mode=1777  0       0
# /var/logディレクトリはRAMディスク上に配置する
tmpfs /var/log tmpfs defaults,size=32m,noatime,mode=0755  0       0

ただし、このまま再起動すると、ログ等を吐き出す先のサブディレクトリがないと怒られるので、
起動時にフォルダを自動作成するように/etc/rc.localを修正します。・・・②
(RAMなので毎回クリアされるので、毎回自動作成が必要、、、)

上記①②は全面的に下記サイトからコピペしました。。。

www.pc-links.com


ついでに、再起動のたびにHDMI-CECのおかけで、テレビの入力ソースが強奪されるので、下記設定で切り替わらないようにしました。
(KODIのスタートアップ起動もOFF)

$ sudo vim /boot/config.txt

#uncomment to restrict hdmi-cec
hdmi_ignore_cec_init=1